近三ビル(旧森五商店東京支店)

近三ビル天井モザイク

【DATA】

  • 所在地:東京都中央区日本橋室町
  • 設計:村野建築事務所
  • 施工:竹中工務店
  • 竣工:1931年(昭和6年)
    1956年(昭和31年)増築
    1993年(平成5年)改修

 渡辺節のもとで長いことチーフアーキテクトを勤めた村野藤吾のデビュー作。角に丸みを取った褐色のタイル張りのヴォリュームに、開口部をリズミカルに割り付けたオランダ・アムステルダム派の影響が感じられる外観。
 窓は見込みを深くとり陰影が強く出るのが当然とされていた当時、この見込みが浅く縁取りの薄い窓は画期的で、竣工当時は相当モダンな印象を与えたことが想像されます。

続きを読む

大阪市交通局(旧大阪市電気局庁舎)

大阪市交通局外観

【DATA】

  • 所在地:大阪市西区九条南1−12
  • 設計:大阪市建築課
  • 施工:清水組
  • 竣工:1930年(昭和5年)

 今となっては見ることができない大阪市交通局の庁舎。当初は、大阪市電気局庁舎として建設され、向かいの関西電力九条営業所(大阪市電気局九条電灯営業所)と一体となって密度の濃い都市空間をつくっていました。しかしながら、先に関西電力九条営業所が建替えられ、2004年には交通局庁舎も建替えのために取壊されてしまったとのこと。今となってはこの濃密な空間を体験することはできません。

続きを読む

堺筋倶楽部・AMBROSIA(旧川崎貯蓄銀行大阪支店)

アンブロシア エントランス廻り詳細

【DATA】

  • 所在地:大阪市中央区南船場1
  • 設計:川崎貯蓄銀行建築課
  • 施工:不詳
  • 竣工;1931年

 かつて、東は東横堀川西岸から西は西横掘川東岸まで、北は大川及び土佐堀川に沿える一区画から南は長堀の北岸までの地域が、「船場」と呼ばれていたといいます。
 この元銀行の建物はその「船場」の南端のほど近く、堺筋に面して、小品ながら濃密な装飾を持つ端正なファサードを見せています。

続きを読む

吉本会館

吉本会館 YES・NANBAから見たファサード

【DATA】

  • 所在地:大阪市中央区難波千日前
  • 設計:村野・森建築事務所
  • 施工:大成建設
  • 竣工:1987年(昭和62年)

 大阪を代表する繁華街である難波の東側、千日前に位置する笑いの殿堂「吉本興業」の大衆劇場。村野藤吾氏がお亡くなりになった後に竣工したためか、作品集で大きく紹介されていないものの、その存在はなかなか侮ません。ヴォリューム感のある銅版噴きの大屋根、その大屋根をグルリと取り囲む壁。その壁は、1つの柱間を「1単位」として、花をモチーフにした高窓、その下に大きな開口と両脇に縦長のバルコニーが配され、これが繰り返されるデザイン。イタリアの建築をご存知の方なら、この外観が非常に大胆な建築版「本歌取り」であることにお気付きになると思います。

続きを読む